*

Googleアナリティクスで検索キーワードのほとんどが”not provided”となってしまう件。

公開日: : お仕事

Google Analycics は今や定番、いや入れて当たり前のようになってしまったアクセス解析ですが。
ここに来て大問題が発生しています!すでに誰もがお気づきのように。。。

検索キーワードのほとんどが”not provided”となってしまっている。

google_ana

  • アクセス解析で誰もが一番知りたい情報なのではないか!?と思われるこの”検索キーワード”のほとんどが不明。
  • 訳してそのまんま、not provided=提供されていない!
  • 検索エンジンから検索キーワードが”提供されていない”とは???

Googleアナリティクスの検索キーワードが ” not provided ”

Google Analycicsはたびたびバージョンアップされ、機能も満載。これがフリーで使えると言うのも驚きですが、ここに来て一気に異変が起き始めました。

お客様へ解析資料を提出するためにはデータを手動抽出するわけですが、一番説明しやすくわかりやすいデータとしてはユニークユーザー数、リピート数、リピート率、ページビュー、前年比、そして検索キーワード。
この検索キーワード、以前よりnot providedとなっているものがありましたが、数はそれほど多くなかったので気にもせずに過ごしてきました。しかし、ここ数か月は80%越え。私の自サイトは99%がnot provided。
何事や???と思い、諸先輩方の記事を今更読み漁り、今まで気にも留めていなかった自分がお恥ずかしい。

本家Google様の記述はもちろん英語なのでいつものように良くわかりません。

諸先輩方の記事をまとめるとこんな感じ。

  1. 2011年頃からGoogle側がGoogleアカウントにログインしているユーザーに対してのみ、検索のキーワードを個人情報を守る目的として暗号化して送信。これを段階的に進めた。
  2. 後に、ブラウザに配置してある検索窓からの検索をSSLにて暗号化する仕組みを各ブラウザが取り入れる。
  3. 2012年頃からGoogle側がGoogleアカウントにログインしていないユーザーに対しても段階的に暗号化して送信。
  4. これが本年(2013年)9月に大々的に推し進められた。

と言う事らしいです。すべて公には公表することなしに段階的に進められたもの。

今までは検索したキーワード情報が含まれたまま目的のサイトに訪れていたものが、検索結果ページをhttps化し、暗号化したことでリファラにキーワード情報が含まれなくなった。
これが段階的に進められていたようです。そこまで見ていなかった事に悔いが残りますが、言われてみれば検索結果はすべてhttpsになっていますね・・・

妙に矛盾した感のあるGoogleの対策!?

Googleで提供しているアクセス解析と”個人情報を守るという名目”のこの対策が妙に矛盾している感じがするのは私だけでしょうか?
一部ではGoogle側の広告戦略とも伝えられています。リスティング広告を出す場合に検索キーワードが重要なカギを握るわけで、この情報を他社へ渡さないための戦略とか。
もちろん無料で使わせていただいているサービスなので従うしかありません。

どの先輩方も仰っているように、Googleウェブマスターツールである程度のキーワードが抽出できますが、あとは他のデータからどのようなキーワードで検索してきたかを予測するしかないようです。

やっぱり最後は勘と経験ですね。

Google様はこの情報を取っているんだろうなぁ!?検索結果からのサイト訪問の際、一度Googleサーバーへ行きリダイレクトでサイトを表示させる際にキーワード情報を外しているんでしょ!?

関連記事

Dreamweaver CC 導入してみました!そして第一印象は?

Dreamweaver CC 導入しての第一印象は!? まずは簡素になった・・・ 改...

記事を読む

no image

WEB制作時に、使えるFirefoxアドオン & フリーソフト

WEB制作時には無くてはならないFirefoxのアドオン。そしてフリーソフトのご紹介。 Firef...

記事を読む

WEB制作時に大変重宝する、無料で使えるWEBツールまとめ。

WEB制作時に無料で使えて大変重宝するWEBツールをまとめてみました。 フォント、文字関連 PX...

記事を読む

デザイン事務所|エイビッツにようやく欲しかったお宝が! ”Googleサイトリンク”

これがあるからなんだ!?ってくらいの事なのですが、開設3年の月日を経て欲しかったお宝が付いたのです。...

記事を読む

Dreamweaver チェックイン チェックアウト 共同編集機能のおさらい

Dreamweaverには昔から装備されているチェックイン・チェックアウト機能。 その機能の存...

記事を読む

新着記事

謹賀新年 2022

新年おめでとうございます 今年は少し違う方向に進んでみようかと考えております。 ...

記事を読む

古いiOSのiPadで「問題が起きたため、このwebページを再度読み込みました。」となる件

2年ぶりに書いてみる。 すでにAppleより見放されてiOSが9.3.5止まりのiPad初期型...

記事を読む

WordPressのエラーを表示させる。白紙状態になったとき。

WordPressのテーマ制作などでfunction.phpの編集やプラグインのインストールなどして...

記事を読む

Dreamweaver CC 2017 正式リリース、早速使ってみた!

一昨日、Dreamweaver CC 2017 が正式にリリースされました。 夏前よりBeta版を...

記事を読む

Windows10 フリーズしたように動作が重くなる現象と対策!

先日、Windows 10 Anniversary Updateをしたばかりですが、その後突然フリー...

記事を読む

謹賀新年 2022

新年おめでとうございます 今年は少し違う方向に進んでみよ...

古いiOSのiPadで「問題が起きたため、このwebページを再度読み込みました。」となる件

2年ぶりに書いてみる。 すでにAppleより見放されてiOSが9...

WordPressのエラーを表示させる。白紙状態になったとき。

WordPressのテーマ制作などでfunction.phpの編集やプ...

Dreamweaver CC 2017 正式リリース、早速使ってみた!

一昨日、Dreamweaver CC 2017 が正式にリリースされま...

Windows10 フリーズしたように動作が重くなる現象と対策!

先日、Windows 10 Anniversary Updateをした...

→もっと見る

PAGE TOP ↑