制作コラム&お知らせ

ショッピングカート「FutureShop2」のデザインカスタマイズ

2013/06/15

ショッピングカートで「FutureShop2」(フューチャーショップ2)というASPカートがあるのですが、このカートのデザインカスタマイズで四苦八苦すること一か月。 まだまだ続く予感・・・!

某ショッピングサイトのリニューアルに為に、「FutureShop2」(フューチャーショップ2)お試しカートを延長しまくっていろいろ試行錯誤しているわけですが、毎日毎日の質問メール責めにも気持ちよく対応していただける「FutureShop2」(フューチャーショップ2)のご担当者様には頭が下がります。

1年ほど前にも、別件のショップ様で組み込みを担当させていただいた「FutureShop2」(フューチャーショップ2)ですが、ここ1年で随分ますます機能が追加されてきました。

もう一つ欲しい機能を標準装備していただけるように要請している部分もあるのですが、ASPカートと言うのはカスタマイズの知識が薄くとも、手軽にショッピングサイトを立ち上げられるよう工夫されているので、元々はデザイン有りきでのカートではありません。

それは別会社のASPカートでも同じで、そのASPにしかない独自の機能があったり、逆にこっちでは装備されていなかったり、ASPとしてのカラーとでも言いましょうか?

その垣根を超えて120%自由に制作するには、カートシステムを独自に開発するしかなくなるわけでして、搭載機能によっては数百万で収まればまだいいですが、数千万となる可能性も大いに秘めている・・・
システム開発には、設計・制作の後に待っているデバック作業にものすごい時間と労力がかかるんですね。

システムですから日々迫りくるセキュリティー問題でメンテナンスなども定期的に発生したりと、よほど大きな会社様ショップ様でもない限りは、ASPのカート機能を使わせてもらうのが一番現実的なわけです。

今回は元々「FutureShop2」(フューチャーショップ2)を使用していたショップ様。

データ移行のタスク面やそれに伴うリスク、「FutureShop2」(フューチャーショップ2)の高機能な面などを考慮し、そのままデータ移行無しでリニューアルとなった訳ですが、今回はデザイン有りきでのリニューアル。

システム上の制約なども多々あり、100%ととまでは行かないまでもここまで「FutureShop2」(フューチャーショップ2)カートを使って実装した例はないんじゃないか・・・?と自負できる箇所、注意しなければいけないところなど、本家「FutureShop2」(フューチャーショップ2)の膨大なマニュアルにも記載されていないであろうカスタマイズ例などを、追々ご紹介していきたいと思っております。

いつになるかわかりませんが。

・・・と、今日は前ふりだけでごめんなさい。

ちなみに私はプログラマーではありませんので、コーダーとしてCSSとジャバスクリプトをフル活用したカスタマイズ方法。

次回、ASPショッピングカート「FutureShop2」(フューチャーショップ2)カスタマイズコラム更新に乞うご期待!

デザイン事務所|エイビッツは個人事業&SOHOネットワークによる運営をしております。

Copyright © 2011-2018 Aveit. All rights reserved. — WebSite by Aveit.